知識工房・ロジカルシンキング

知識工房は、オリジナリティ溢れる高品質なコンサルティングと人材教育サービスを提供する会社です。
プロフェッショナル開発とビジネスコンサルティングの知識工房

 

  • トップページ
  • プロフェッショナル開発
  • コンサルティング
  • 書籍・教材
  • 各種ダウンロード
  • 会社概要
  • お問合せ

採用面接/コンピテンシー面接研修

高業績を生み出すポテンシャルのある人材を見極めるためのトレーニングコースです

「採用面接において、「優れた人材」を見分けられるかどうかは、インタビュアー(面接官)の腕にかかっています。インタビュアーが適切な技術を持たないことで、ポテンシャルのある人材がこぼれたり、中身のない人間を採用してしまったりといったエラーが、大きな問題となっています。

面接官が行動特性インタビューの考え方と技術を身につけ、それを組織全体で運用することで、実績をあげる人材を確実に採用できます。

このページの先頭へ戻る

「あなたの強みを話してください」の間違い

「高業績を挙げる人材」は、高業績を挙げる行動プロセス・思考パターンを持っています。例を挙げてみると、要素としては「状況判断力に優れる」「常に顧客満足第一に考える」・・・など、平たく書くと、どうしてもお決まりの項目ばかりが並んでしまいます。
ここ数年のIT社会の進展に伴い、就職・転職活動に関する情報はいままで以上にあふれかえっています。また、就職・転職希望者に対する、面接テクニックを教えるような会社も多く存在し、人気を博しています。こうしたなか、応募者は完全情報武装し、ありきたりなインタビューに対してはすらすらと対応できる応募者がほとんどです。
彼らに「あなたの強みは何ですか?」と問うたら、立て板に水、水も漏らさぬ論理で答えが返ってくることでしょう。

また、仮想の将来におけるケースに対する行動を問うような質問はどうでしょうか。「上司から残業を命ぜられたが、その夜は飲み会の約束が入っていた。あなたはどうしますか?」 - きっと、組織人が喜ぶような答えが返ってくるでしょう。

しかし、その話は、応募者の本当の姿を表現しているでしょうか?

このページの先頭へ戻る

過去の具体的な行動が、将来の行動を予見する

「行動特性インタビュー」は、応募者の過去の行動を深堀りすることにより、彼らの行動プロセス・思考パターンを浮き彫りにするインタビューの技術です。高業績者は、自分自身が取った過去の行動を極めて詳細かつ正確に思い出すことができ、かつそれらは明確な基準(コンピテンシー)に基づいています。

過去の行動を深堀りしていくと、作り話は破綻します。応募者がどれだけ事前準備をしても、システマチックにお化粧を剥がすことができます。
仮想状況における仮想の判断は、組織人の心象をよくする答えか、あるいは往々にして実際とかけ離れた「自分のありたい姿」が帰ってきます。単に心象をよくしようとする中身のない応募者を排除できます。

行動特性インタビューは、不適格な人材をふるいにかけると同時に、過去に本当の実績を上げ、非常に近い将来に高業績者となるポテンシャルのある人材を発見することに役立ちます。

もちろん、主な目的は、むしろ後者にあります。

このページの先頭へ戻る

行動特性インタビューの概要

行動特性インタビューは、圧迫面接でもありませんし、一部で最近流行している難解な問題を解かせるようなものでもありません。

むしろ、気軽な会議や食事会のような、リラックスした雰囲気の中で、ビジネスマンとして興味深いテーマについて、楽しく会話する、といったイメージです。

このトレーニングは、知識工房メンバーの・・・
・大手外資系コンサルティング会社における100名以上の面接活動の経験
・ナレッジ・マネジメントや業務改革プロジェクトにおける、数百人にものぼる高業績者へのインタビュー経験
・最新のコンピテンシー・インタビューの手法
をバックグラウンドとして、開発されました。

8時間の研修コースを標準としており、講義に加えて、ビデオ教材の活用、インタラクティブな演習、ビデオ撮影による実践トレーニングを組み合わせることにより、トレーニング終了後、すぐに業務に適応できるスキル習得の機会を提供します。

また、教材のみの販売、講義部分(3時間)のみの実施も承っております。

このページの先頭へ戻る

料金表

印刷用パンフレット(PDF)をご参照ください。

さらに詳しい資料のご請求はこちらからお願いします。

このページの先頭へ戻る

残念な人の思考法

【新刊】日経プレミアシリーズ「残念な人の思考法」。「能力があってやる気も十分なのに、成果が出せないのはなぜ?」
(2010/4/9)

ロジカルシンキングの
道具箱

30の「勝負場面」で使いこなすロジカルシンキング。 勝負場面! 武器(道具)がなければ始まらない等。
(2009/3)

 

脳の鍛え方入門

山崎の寄稿記事 「なるほど差がつく!達人五人のヘッドワーク」会議:生産性がみるみる向上!「板書力」4つの効果  が収録されました。
(2006/7/12)

会議の教科書

ソフトバンククリエイティブ社。 「会議の教科書」会議の準備からファシリテートまで。
(2006/01/18)