知識工房・ロジカルシンキング

知識工房は、オリジナリティ溢れる高品質なコンサルティングと人材教育サービスを提供する会社です。
プロフェッショナル開発とビジネスコンサルティングの知識工房

 

  • トップページ
  • プロフェッショナル開発
  • コンサルティング
  • 書籍・教材
  • 各種ダウンロード
  • 会社概要
  • お問合せ

業務改革/タイムマネジメント

ホワイトカラー業務における非効率性を、客観的な視点で評価・分析し、新たなワークスタイルをデザインします

人数が減ったのに、仕事の進め方が全く改善されていないことで、生産性が低下しているのが、多くの企業で見られる問題です。独自の手法と経験を持つプロフェッショナルが、現状分析・改革案立案を支援することで、効果創出までの時間が大幅に短縮されます。また、経験豊富なプロとのコラボレーションにより、お客さまの将来を担う強い人材の育成にも貢献します。

リストラの功罪

ここ数年のリストラの効果により、多くの企業で利益率が向上しています。しかし、従業員数が減ったことで、一人当たりの業務量は飛躍的に増大し、多くの企業は息切れの一歩手前まで来ています。
こうした組織では、長時間労働により従業員の生産性や仕事の質はかえって低下し、その上モチベーションの低下や健康問題で苦しんでいます。忙しさのあまり、抜本的に業務全体を見直すこともできず、無意味な小手先の改善をしながら、長いトンネルの中で見えそうで見えない出口を探している、こんな風に私たちは現状を見ています。

このページの先頭へ戻る

「ノウハウ」と「時間」を買い、さらに社員を育てる

限られた人員で収益を上げていくための組織・業務モデルを再構築することの必要性は、既に十分すぎるほど認識されていることと思います。欠けているのは、そうした改革を行う、確かな手法と時間ではないでしょうか。
知識工房では、メンバーの十数社における業務改革の経験を生かし、特にホワイトカラーの業務を定量的に分析・評価を行い、現状の問題点を「可視化」します。可視化により、組織内で問題点に関する共通の認識を持つことができ、改革に対するベクトルをそろえることができます。
また、こうした分析や改革案の立案は、お客さまとの膝詰めのディスカッションを通じて行います。仕事のプロとの共同作業を通じて、貴社のこれからを担う人材が育ちます。

コンサルタントを使うことは、「ノウハウ」と「時間」を買うことに加えて、将来を担う人材を育成することでもあるのです。

このページの先頭へ戻る

コンサルティングの流れ

おおむね3-6ヶ月で、現状分析および改革案の立案をお客さまとの共同作業で行います。また、改革案の実行・モニタリングを支援します。

コンサルティングの流れ

このページの先頭へ戻る

料金表

印刷用パンフレット(PDF)をご参照ください。

さらに詳しい資料のご請求はこちら

このページの先頭へ戻る

残念な人の思考法

【新刊】日経プレミアシリーズ「残念な人の思考法」。「能力があってやる気も十分なのに、成果が出せないのはなぜ?」
(2010/4/9)

社長のテスト (日経文芸文庫)

社長のテスト (日経文芸文庫) [文庫]

ある日会社が火事になった。ある人物からの「テスト」を受け、会社の乗っ取り計画を立てる僕。でもそれは大きな陰謀のプロローグに過ぎなかった?(2013/10)

 

仕事ダイエット (PHPビジネス新書)

仕事ダイエット (PHPビジネス新書) [新書]

とにかくがんばることや、長時間働くことが無意味な時代。悩めるあなたへの提案は、まずメールと資料のダイエットに着手すること。 (2012/12/20)

残念な会議の救出法 (日経ビジネス人文庫)

残念な会議の救出法 (日経ビジネス人文庫) [文庫]

残念な会議を見なおし、意思決定のスピードを早めるための実用的なスキルについてアドバイスする(2011/12/2)